吉備線LRT駅デザインコンペティション
The design competition of LRT station, Kibi line


「電車の通る公園」
「電車の通る公園」

私たちは、周辺環境と連続する風景としての駅を提案します。それはたくさんの人が集い、様々な活動が混在する、公園のような駅です。駅全体を、高さと開口率の異なる5枚のポーラスな屋根で覆うことで、半屋内と屋外とが緩やかに混じり合います。そして、緑豊かな公園としてだけでなく、雨宿りをしたり、休憩をしたり、散歩したり、本を読んだり・・・利用者に様々な場所や使い方を提供してくれる駅となります。電車を利用する人だけでなく、人々の日常生活の場として積極的に利用できる「新しい公共空間」としての駅を目指します。
   
< Back