共愛学園前橋国際大学4号館設計プロポーザル
The Proposal of Maebashi Kyoai Gakuen College Yon-gokan


「ガラス・ドレープ」
ドレープしたガラスの連続面は、軽やかなレースカーテン、のような存在です。
レースカーテンは、晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、風が吹いたり・・・・「そと」の環境の変化を「うち」にやさしく伝えてくれます。また部屋の間仕切りとして使うと、「向こう側」の気配を感じさせながらも、空間としての使いやすさを提供してくれます。
「ガラス・ドレープ」はレースカーテンのように、様々な事象を無理なく同時に存在させ、そして各事象の間に新しい関係性を築くような環境装置です。
 
< Back